八月のアレコレとあれ?もう二年経つの?ってお話/中野 BAR HAMLETS

どうもこんばんは。

もう九月ですよ奥さん。

 

 

 

 

もうあと一ヶ月もしない内になんとBar&Music Hamlets開店二周年でございますあらびっくり。

なんか最近何かと忙しいとか記憶が無いとかばっかり口走っていたような気がしていましたが、ほんとに気がついたらもう二年でした。あれ?先月くらいに年明けなかったっけ?

年取ると時間の流れが早く感じる理由は色々な経験を経て新しい体験が年々少なくなってくるからだそうですが、ここ一年まったくもってチャレンジしかしてないのにこの時間の流れの早さはなんなんですか。俺だけ精神と時の部屋にいるんですか。みんなセルとか魔人ブウと戦ってるんですか。もう来年くらいに私の寿命は尽きそうです。でもなんとか死ぬ前に二周年迎えれそうだしライブも無事終わって良かったです。

 

とまあこんな与太話はさておき八月のイベントのお話でございます。

 

 

8/19 Ryuta Dream Concert

IMG_1763 IMG_1765 IMG_1770

割と古くからの友人で、まだ若いのに実力派のミュージシャンRyutaくんが数ヶ月前に別のミュージシャンのライブサポートで当店に来てくれたところから話が転がってこの日の開催の運びとなりました。

久しぶりにRyutaくんのステージを観る事ができましたが、さすが相変わらず素晴らしい歌声と楽曲でした。オープニングアクトとして出演してくれたYocoさんも抜群の歌唱力で、二人でデュエットした曲の圧は凄かったです(笑)。

選曲もオリジナル曲やカバー曲やCMの曲などバラエティに富んだもので、どんなお客さんでも楽しめるようなライブになっていたと思います。Ryutaくんのサービス精神がしっかり見える内容でした。まさにエンターテイメント。

あ、ついでに我々店員達もちょろっと歌に参加しました(笑)

 

8/26 18〜eighteen〜vol.4

IMG_1832

若いってすごい。日に日に成長が分かります。前回よりも、前々回よりも、明らかに目に見えるスピードでミュージシャンとして成長しています中野萌衣さん。ついにオリジナル曲を弾き語りで披露するまでになっていました。そしてそれがまたいい曲なんです。11月にワンマンライブも控えているとの事ですが、そこでもまた彼女の成長が見える事でしょう。

 

8/27 hideout festival

IMG_1679

話は遡る事去年の年末。お誘いいただいて出演したとあるライブイベントで二曲ほど歌わせていただいたのですが、そのライブに来てくれていた中野北口のbar hideoutのマスター・安達さんが私に声をかけてくださって、人生初のバンドを組む事になりました。

というのも2017年でbar hideoutさんが五周年を迎えられるとの事で、その中の目玉企画としていくつか他のバンドにも声をかけて大きなライブイベントをやりたいと言うお話でした。当然ご自身のバンドも組まないといけない中、たまたまそこにいた私にお鉢が回ってきたという流れです。

そこからあれよあれよとメンバーも集まったのですが、年齢も職業もあまりにバラバラなバンドができあがり、お陰でスタジオ練習するのも日程調整が難航する有様で、酷い時には平日の朝五時半からスタジオに入ってみたりとか(笑)。でもとてもいいバンドになったと思います。それぞれの技術もさる事ながら、単純に練習終わりに飲みに行くのが楽しいバンドでした。なかなか時間が無い中、頑張ってくれたメンバーには本当に感謝です。

からの七月頃、安達さんから「うちの店のお客さんの中でラルクのコピーバンドやりたいって人達がいるんだけど、良かったら参加してみない?八月のライブにも出たいって」と連絡が。「え、あと二ヶ月しか無いですよね?まあいいや、やります!」とノリで承諾。とりあえずその人達と連絡先だけ交換してやりとりをしていたものの、こっちもみんな忙しく、結局顔合わせと初練習が本番一週間前になるっていう(笑)。

しかしこちらも(私以外)みんな上手い。念には念をとスタジオを三時間予約していたのですが、最初の一時間くらいで割とまとまったので残り二時間セッションして遊んでました(笑)。

そして当日。

IMG_1841 IMG_1984IMG_1844IMG_1866 IMG_1869 IMG_1871 IMG_1872IMG_1851

大いに楽しめました。ご来場いただいた方々、ライブハウスのスタッフの皆様、お料理担当、DJ陣、出演したバンド達、関わってくださった全員に感謝です。

次回がいつになるかは分かりませんが、またやりたいと思います。

 

8/30 冥利vol.14

IMG_1881

横浜在住の魔王ことシンガーソングライターの喉さんが主催するこちらのライブイベント、当店では三回目でございます。今回は当店にて(だいたいなんとなく)隔月くらいで開催しているキャンドルナイトを面白がってくれた喉さんがライブもそういう雰囲気でやってみたいと、照明を落としてキャンドルの灯りの中でやる事になりました。もはやサバト。

とはいえこれやったらやったで大変で、ギターのフレットが見えない、楽譜も読めない、溶けた蝋がかかる(なべ虹魚さん)などトラブル続出。

しかしとても雰囲気が良かったです。視覚が遮断されている分、余計な情報が入ってこないのか音楽に乗せた感情のようなものがとてもダイレクトに伝わりました。ドロっとした曲はより粘度を増し、穏やかな曲はさらに心の深い部分に潜り、憂いを帯びた曲はもっと刺さる。ノリで開催したイベントですが、ライブの新しい楽しみ方が見えた日でした。しかし写真が撮れない。

 

さて月末の二周年は色々と頑張りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です